粒すけってどうやって作ったの?開発者からのメッセージ

千葉県のうるち米としては、平成18年から一般栽培・販売が開始された「ふさこがね」以来、13年の開発期間を経て、県オリジナル水稲新品種として「粒すけ」が誕生しました。

どうも、ちばの新米、粒すけです

ちばの新米が出そろうこの時期。定番の「コシヒカリ」や、県が開発した「ふさおとめ」、「ふさこがね」など、さまざまな新米がお店に並びます。
そして今年はいよいよ、県が13年かけて開発したオリジナル新品種「粒すけ」がデビュー!
ちばのお米としては「新米」の「粒すけ」ですが、どうぞごひいきにお願いします!

粒すけ 誕生秘話

台風にも負けない、力強い品種を目指して

「粒すけ」は、13年かけて開発され、主食用米としては「ふさこがね」以来となる県オリジナル新品種として誕生しました。
千葉県は、作付面積、収穫量とも全国第9位(令和元年産)で、全国でも有数の米の産地。温暖な気候を生かして、おいしいお米を首都圏へいち早く届けられる「早場米(はやばまい)」が特徴です。しかし、県内の作付けの約6割を占める「コシヒカリ」は、近年多く発生している稲刈り時期の強風や長雨などで倒れやすく、収穫に手間がかかるなどの悩みがありました。

4,000種類から選び抜かれたエリート

県では、食味が良く、栽培しやすい品種の育成を目指して、平成17年から研究に取り組み、約4,000種類の候補の中から選び抜いたのが「粒すけ」です。
「粒すけ」は食味の良い「コシヒカリ」を母に、茎が短くて倒れにくく、大粒な特徴を持つ「佐(さ)系(けい)1181」(県オリジナル品種「ふさおとめ」の子ども)を父として、人工交配により育成されました。「粒すけ」はそれぞれの長所を引き継いだ、おいしくて作りやすい品種です。

10年間でいちばん「うまい」米

「粒すけ」を育成するにあたって、最もこだわったポイントは食味試験の方法。おいしい品種を選ぶためには、機器による分析も行いますが、最終的には人が実際に食べて判断します。
食味による選抜試験は、それぞれのお米に含まれる水分含量に応じて、水加減を調整するなど、細心の注意を払って行います。収穫時期の3カ月は、1日7種類をほぼ毎日食べ比べ。10年間にわたり、延べ3,500の品種候補の試食を繰り返しました。
その結果、大粒でご飯粒が白く、つやがあり、香りや味、さらに炊き上がりがよく、粘りに勝る品種を探し出すことができたのです。

「粒すけ」に会いたい

まだ生産量が少なく、「粒すけ」に会えるお店も限られていますが、お近くのスーパーなどで見つけたときは、ぜひ自慢の味をお試しください。
また、10月1日から、対象飲食店で「粒すけ」メニューを食べた方にプレゼントが当たる「粒すけデビューキャンペーン」を開催。約40の飲食店で、とんかつ、カレー、親子丼など、どんな料理にも合う「粒すけ」ならではのバリエーション豊かなメニューに出会えます。
参加店や応募方法など、順次特設サイトに掲載していきますので、楽しみにお待ちください!